シロアリ駆除の業者はどう選ぶ?取るべき手順を解説!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2019.03.18 / 更新日 2022.04.05

シロアリ業者選び

『本音の』シロアリ駆除業者選び、業界屈指のプロが公開!!

WRITER

田中勇史

WRITER

田中 勇史

しろあり防除施工士

田中勇史

大学では昆虫類の研究に携わる。2007年テオリアハウスクリニックに新卒入社。これまで3000件を超える家屋の床下を調査。皇居内の施設や帝釈天といった重要文化財の蟻害調査も実施。大学の海外調査にも協力。

こんにちは。シロアリ1番!の田中です。

今回は特別に、業者が語りたくない「正しいシロアリ駆除業者の選び方」について解説します。

シロアリ駆除業者と言えば、いまだに問題を起こす会社もあり、つい最近でも行政処分を受けた事例がネット検索で出てきます。

実は業者選びでよく語られる、

  • 日本しろあり対策協会の資格は取得しているか?
  • 保証があるか?
  • ホームページの価格が明確か?
  •  

などは、悪徳業者はあの手この手を使って対策してきます。

ここで語ることは、業界の人たちから不満の声が聞こえてきそうですが、自分が働く業界をクリーンなイメージに変えていきたい想いから、あえて書かせていただきました。

シロアリ1番!のコンセプトでもある「シロアリ駆除業者選びの不安を解消」に繋がったら嬉しいです。

社長や社員の顔が見えるシロアリ駆除業者か

どんな業界でも通じる話ですが、正しい事業を行っている会社の見分け方の一つは、ホームページに社長や社員の顔写真が掲載されているか?を確認するべきです。

当たり前の話しですが、自分たちの仕事に自信がなければ、社長が顔を掲載することは出来ません。ましてや、社員は仕事や会社が嫌いでは絶対に顔写真を掲載をされたくないはずです。

社名やモデルを使ったイメージ写真で安心感をアピールする会社の多くは、これをしたくても出来ないのです。

重要なのはどんな人が社長をしている会社なのか?実際の点検には誰が来てくれるのか?であるはずなのに、いざ依頼をするときには忘れてしまう盲点です。

まったく掲載されていないのは論外ですが、写真が掲載されている場合でも、その社員さんの雰囲気には注意をして見てください。

意外と社員さんの雰囲気によって、その会社がイメージできるものです。

シロアリ駆除業者の「Google口コミ」を見る

現在では、その会社の質を知るために最も効果的といえるのは「Googleの口コミ」を調べることだと思います。

企業名を検索すると表示される口コミ評価です。

ホームページで掲載されているお客様評価については、怪しいものもあるというのが私の実感です。

アンケート用紙の原本すら掲載されず、文字だけの情報であったり、お客様の顔が一切掲載されていなかったり。

実は集客を目的とし、自分たちに都合の良い集計結果を作り上げることを事業としている会社があります。(私たちにも、営業に来られた経験があります)

Google口コミの信頼性が高いのは、そういった自分たちだけでコントロールができないところです。

以下が私が考えるGoogle口コミの見かたです。

  1. 極端に口コミが少ない、または無い会社は避ける
  2. 口コミに対して企業からの返信がされているか?
  3. 下請け業者に斡旋するマッチングサイトならば、実際に来る下請け業者を検索する

 
①と②からは、お客様とどのくらい向き合う姿勢があるか?がわかります。

ときには厳しい意見をいただくこともあるかもしれないのに、あえて積極的にGoogle口コミに力を入れている業者ということは、信頼性が高い証拠です。

意外と盲点なのが③です。

社員の顔が掲載されているか?と同様に、サイトのイメージ画像に惑わされずに、実際に来る業者を必ず確認されることをお勧めします。

「協会未加入」のシロアリ駆除業者かも

業者選びの目安で必ず言われるのが「しろあり防除施工士」という資格についてです。

この資格を発行しているのは「公益社団法人 日本しろあり対策協会」ですが、資格については業者が協会に加入していなくても取得が出来るのです。

さらに、無資格者であっても、調査や施工を行ってはいけないわけではないのです。

それらを逆手にとって、有資格者が対応と見せておきながら、実際には会社が協会には加入していなかったり、一部の有資格者が在籍で、実際の調査・施工は無資格者なんてことが出来てしまいます。

協会加入業者は最低条件ですが、さらには調査、施工ともに有資格者が行ってくれるか?まで確認されることが大切です。

では、なぜ社員全員に資格取得をさせないのか?

実は、無資格でも仕事が出来てしまうにもかかわらず、資格取得の難易度は結構高いのです。(詳しくは別の記事にしていますので、ぜひ御覧になってください)

さらに学歴によって差はありますが、取得には「実務経験年数」も求められることから、入退社が激しい業者だと、資格取得もままならないのかもしれません。

これらのように、全社員に資格取得をさせるのは、教育やコストの面からも負担が大きい割には、見返りが少ないのです。

逆に言えば、資格取得を社員に義務化している業者は、信頼度が高い業者といえるかもしれません。

研修施設が無いシロアリ駆除業者は避ける

資格取得と同様に、注意しなければならないのが研修施設や教育制度があるのか?です。

理由は、研修施設がないということは、あなたのお家が新人研修の場になってしまう可能性があるからです。

シロアリ駆除は床下や玄関、浴室の一部にドリルで穴を開けたりします。

当然、シロアリの被害がある場合は、技術のみならず、知識も重要です。

研修施設や教育制度が無いと言うことは、お客様のお家で先輩社員が新人教育を兼ねてシロアリ駆除を行います。

ドリルを初めて握る新人さんが、もし自分のお家で作業するなんて想像しただけでも私は絶対にイヤですが、現在でも多くの会社で行われていると思います。

教育についても、お客様への姿勢が表れる部分です。

ホームページでわからない場合、お問合せで確認することをお勧めしますが、判断基準の一つとしては電話やメールが、マナーを身につけた対応だったかで、その会社の教育を感じ取ることができると思います。

シロアリ駆除業者が出す保証は「内容」に注目


シロアリ駆除の保証については、実は多くの業者が表記を曖昧にしています。

一見、5年保証と記載されていても、内容は業者によって違うのです。

施工後にシロアリの被害を受けた場合には、

  • 被害部分の薬剤再施工のみ
  • 被害部分の薬剤再施工と被害部材交換を行う損害賠償保険が付帯

 
大きく分けて2種類あります。

当然、損害賠償保険をつけるには一定の条件がありますが、どんな建物でも薬剤の再施工のみしか対応してくれない業者があるので注意してください。

一般的には知られていないことをいいことに、価格を売りにしている業者は、このような部分でコストを削減しています。

また、意外と知られていないのが、漏水や浸水が起きた場合は保証が消滅することです。

漏水してから後悔しないよう、その場合はどのように対応してくれるのか、必ず確認しておきましょう。

そしてもっとも重要なのは「保証がある」と「しっかり対応してくれる」は別の話だということです。

依頼する時は良かったのに、再発したら対応がずさんだったり、業者が倒産してしまって保証書がただの紙切れになってしまった、なんてこともあるのです。

ちなみに保険会社の名義が記載された保証書であっても、これは保険会社とシロアリ業者との契約であり、業者が倒産の場合は無効であることにも注意です。

個人情報を守るシロアリ駆除業者かどうか

シロアリ駆除を実施する場合、気をつけなければいけないのが、個人情報の取り扱いについてです。

シロアリの調査をお願いするときには、間取り図などの家の情報を提供することはもちろんのこと、ときには家族構成など、こちらが知りたくなくても知ってしまうことが多々あります。

これはお客様からお伺いしたお話ですが、点検に来た人から隣家の事情を聞かされて、自分の家のことも話されるのではないかと、すごく不安になったそうです。

シロアリ1番!のサイトを見て、ここなら安心だろうと申し込んでいただいたことを聞いて、そういった点を重視して業者選びされる方もいるんだと、すごく印象的でした。

これも企業の姿勢や社員教育が重要である事例です。

特に下請け業者に斡旋するサイトで申し込む場合は、実際に来る業者がどうなのか?注意してください。

頻繁に定期点検するシロアリ駆除業者には注意

施工をすると毎年点検に来ることをアピールする業者がいます。

実はほとんどの定期点検は、

  • 湿気対策や地震対策などのリフォームを提案
  • 次回施工の依頼へ繋ぎとめ

 
することが目的だったりします。

一見、良いことのように感じて施工をお願いしたものの、毎年来るたびに湿気対策や耐震金具などの提案を受けてうんざりしたお客様から、私どもに依頼いただくことがあります。

実際に不要な数の床下換気扇が取り付けられた様子を見るたび、こちらも心が痛みます。

少し考えれば当然なのですが、純粋に定期点検を目的とするならば、その経費は施工費用に計上されるはずです。

1回の点検訪問には社員の給料以外にも、交通費や車両などの維持費のほか、様々な費用が掛かり、毎年となれば業者の負担はかなり大きいことが想像できます。

また、社員の歩合給の影響もあるのかもしれません。

飛び込み営業が難しい時代になった現在、保証中のお客様から契約をとることに変わったのでしょう。

それに、施工に自信がある業者ならば、毎年点検を実施する必要はないはずです。

もし、本当に心配で見てほしければ保証中に連絡をして、不安だから見てほしいと言えばいいと思います。

きちんとした業者であれば、気持ちよく対応してくれるはずですよ。

「完了報告書」を作るシロアリ駆除業者かどうか

シロアリ駆除は、施工した実感が得られにくいサービスです。

なぜなら、床下の作業で施工している様子を見ることが出来ないからです。

ですから、施工内容を記した報告書が有るのと無いのでは、「満足感」が圧倒的に違います。

ただ漠然とアフターサービスのことをアピールする業者は多いですが、ホームページに「施工内容を記した報告書」のことが掲載されているかが重要なポイントです。

それが出来ている業者ならアフターサービスも期待が出来ると思います。

また余談ですが、施工完了報告書のようなメンテナンスの記録を残すことは、住宅の売却時に大きな影響があると伺った経験があります。

ある住宅メーカーの担当者さんですが、自宅を売却する際に、自社の施工記録などがあったお陰で、大変有利な条件を引き出せたそうです。

住宅を購入する側からすれば、口頭で施工したと言われるよりも、記録が残っているほうが安心ですから、当然のことですね。

さいごに

これを御覧になっていただいているということは、シロアリ駆除業者に対して、不安を抱えているのだと思います。

私たちもシロアリ1番!のホームページを作るにあたって、どのようなサービスならば、お客様に安心していただけるのか、大変頭を悩ませました。

業界の悪いイメージがあるから、いざ頼もうとしても、どこにすればいいのか不安な気持ちになることを知っていました。

なぜなら、この業界で働く立場の私たちも、ネガティブなイメージによって辛い思いをすることがあるからです。

シロアリ1番!のビジョンは

シロアリ防除業界のパイオニアであり続ける。
(クリーンなイメージでのパイオニアになる)

です。

一生懸命に、社員でコンセプトも考えました。

もし共感いただけるようであれば、ぜひシロアリ1番!のホームページを御覧になってください。

ありがとうございました!

シロアリ1番!は

▶︎シロアリ防除率99.73%
▶︎スタッフ全員が「しろあり防除施工士」
▶︎強引な販売営業ナシ
▶︎全ての業務を自社社員で運営

など、顧客満足度に特化したサービスを提供しています。

シロアリ1番!の作業スタッフは実力のあるメンバーばかりです。シロアリでお困りのようでしたらコチラでシロアリ1番!を詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

※シロアリ1番!でのシロアリ駆除の具体的な方法はこちらのページでも解説しています。もし興味を持っていただけたようでしたらぜひ参考にしてみてください。
 

シロアリ1番!が選ばれる理由