【千葉県】シロアリ駆除の施工事例や被害傾向まとめ|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2018.09.22 / 更新日 2020.02.26

シロアリ駆除

【千葉県】シロアリ駆除の施工事例や被害傾向まとめ

WRITER

木村健人

WRITER

木村 健人

蟻害・腐朽検査士

木村健人

シロアリ・木材腐朽菌に対する木材保存・薬剤性能評価について在学中に研究。2009年新卒でテオリアハウスクリニックに入社。数千件のシロアリ調査・駆除に従事。現在はWEBマーケティングを担当。

千葉県でのシロアリ駆除レポート。千葉県千葉市中央区に千葉営業所があるシロアリ1番!(運営会社テオリアハウスクリニック)が施工した建物のシロアリ駆除事例です。
シロアリ駆除業者に駆除を依頼される前にお客様から「どんな作業を実施するの?」「実際の駆除の様子を知りたい!」といったご質問をよくいただきます。そこでこちらの記事では千葉県での実例をまとめました。シロアリ駆除の内容を確認する際の参考にしてみてください。また、千葉県に生息するシロアリの種類や傾向などについてもまとめました!

千葉県のシロアリ駆除事例

では早速当社でシロアリ防除を行ったお客様の施工事例をご紹介していきます。シロアリ1番!では山林の地域を除くほぼ全域でシロアリ防除工事を行っています。これは言い換えれば、都市部や市街地にもシロアリが生息しており、被害のリスクがあることがわかります。

玄関・階段下で被害が見受けられた物件での駆除施工(印旛郡)

床下でシロアリの被害が見受けられた物件での施工事例です。階段下や玄関下に被害があり、蟻道と呼ばれるシロアリの通り道も発見されました。こちらは築30年ほどの住宅で、新築して以来シロアリ予防工事を行ったことは一度もないとの事でした。後日、シロアリ駆除を実施させていただきました。

www.shiroari-ichiban.com/contents/casestudy/20190415inba/

壁内部のアメリカカンザイシロアリ駆除

千葉県で発生したアメリカカンザイシロアリの駆除施工事例です。通常カンザイシロアリの被害を発見するには、糞を見つけることが重要となるのですが、今回の発見はお客様がたまたま壁を触った際に一部だけ凹む箇所が見つかり、以前にも施工をした場所だったため心配になり一部剥がしたところ、壁内部にシロアリの被害を見つけたというものです。

www.shiroari-ichiban.com/contents/casestudy/20180830chiba/

羽アリが発生した建物での駆除施工(市原市)

床下とウッドデッキでシロアリの被害が見受けられた物件のシロアリ駆除施工事例です。羽アリの発生により被害に気づかれたとの事で、床下では複数の蟻道が見受けられました。シロアリは光に弱いので、土の外を移動をするときは写真のようなトンネルを作ります。

www.shiroari-ichiban.com/contents/casestudy/20180906ichihara/

▼より詳しいシロアリ駆除の方法はこちら!

シロアリ駆除はこうする!知られざる駆除方法を大公開

 

千葉県のシロアリ駆除の特徴は?

シロアリ駆除のシーズンについて

千葉県のシロアリ駆除シーズンは、4月~11月が本格的な活動時期です。そのためシロアリ駆除のご依頼が多いのも4月から11月に集中します。(実際にはシロアリは冬眠しないため1年中お問い合わせがあります。)

また、とりわけ多いのが4月中旬~5月中旬です。毎年ゴールデンウィーク期間ごろに「ヤマトシロアリ」というシロアリが黒っぽい色の羽アリを大発生させるため、シロアリ被害に気付かれるケースが非常に多くなっています。また、6月~7月にかけては、千葉県南部(館山市周辺)や内房(木更津市周辺)などで「イエシロアリ」という種類のシロアリが茶色い羽アリを大発生させます。特に夕方から夜にかけて灯火に集まりますので、それで気づかれる場合もあります。

シロアリの種類は?

千葉県で生息が確認されているのは、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリという3種類のシロアリです。いろいろな種類が確認されていますが、実際には9割以上がヤマトシロアリの被害です。

ヤマトシロアリ

北海道の一部を除くほぼ日本全国に生息するもっとも一般的なシロアリです。特徴は”自然の多い土地”でも”都市部”でも関係なく土の中に生息しているため、どこでも被害を受ける恐れがあることです。駆除方法は確立されており、シロアリ駆除業者であれば基本的に対応可能です。

イエシロアリ

イエシロアリは千葉県全域に生息している訳ではなく、主に県南部を中心に生息が確認されています。木更津市から館山市にかけてが発生エリアとして報告されていますが、生息はより局所的です。温暖な地域に生息するシロアリで、西日本では被害が甚大になることから昔から恐れられている種類です。

アメリカカンザイシロアリ

局所的に定着が確認されている北アメリカ原産の外来種シロアリです。こちらも千葉県全域に生息してはおらず、非常に狭い範囲に定着しています。市川市や船橋市、木更津市周辺などで報告されています。
アメリカカンザイシロアリについて詳しくはこちら