シロアリに家をやられたら家は壊れるの?|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2021.03.19

シロアリ駆除住まいの知識

シロアリに家をやられたら家は壊れるの?

WRITER

田中勇史

WRITER

田中 勇史

しろあり防除施工士

田中勇史

大学で昆虫類、特にニホンミツバチ・スズメバチに関する研究に携わる。2007年テオリアハウスクリニックに新卒入社。シロアリにとどまらずハチやアリ、害虫全般の駆除・調査に従事。

「シロアリの被害に遭ってしまった家はどうなるのですか?やはり壊れてしまうのでしょうか・・・」

 
こんにちは。シロアリ1番!の田中です。

今回はこのような疑問にお答えしていきます。

「シロアリに家を食べられてしまうと家が壊れる」というのは半分正解で半分間違いです。

どういうことかというと・・・

シロアリに食べられた家がそのまま倒れてしまう、という事は実はほとんどありません。

とはいえ、シロアリが家を食べると「耐久力」が落ちますので、万が一の地震で壊れてしまうリスクが大きくなります。

これは実際の調査でも明らかになっていることです。

詳しくみていきましょう。

震災で壊れた家はシロアリの被害に遭っていた


今年はちょうど「東日本大震災」から10年の節目を迎える年でもありますね。この記事を書いている3月11日がまさにその日となります。先ほど私も謹んで黙とうを捧げさせていただきました。

あなたは「大きな震災」と聞いて何を想像しますか。

私の記憶に鮮明に残っているのは、東日本大震災からさらにさかのぼった「阪神淡路大震災」です。

倒壊したビル
煙と炎に包まれた家々
根元から倒れた高速道路
避難所で明日の不安を抱える人々

私は幸い関東にいたので直接の被害には遭いませんでしたが、テレビ越しに見る光景は想像に絶するものがありました。

さて、阪神淡路大震災では、発生後すぐに専門チームによる被害状況の調査が行われたのですが、そこである事実が分かりました。

倒壊した多くの住宅でシロアリの被害や木材の腐朽が見つかったのです。

木材の腐朽が見つかったのは

  • 土台と柱の接合部
  • 各所の釘打ち部

 
などです。シロアリの被害はそれに加えて

  • 土台
  • 柱下部
  • 壁内の柱
  • 木摺り下地
  • 住宅コーナー部
  • 開口部の枠材部
  • バルコニーなど2階部

 
などでも見つかりました。

こういう部分が腐ったりシロアリの被害に遭うと、建物を支える大切な力が弱まってしまいます。また、この傾向は木造家屋だけでなく、鉄骨造の建物でも起きていたことも明らかになったのです。

震災の被害に遭った建物の調査は色々な研究チームで行われましたが、いずれも同じような結果が出ています。

特に神戸市東難区における「倒壊被害実態調査」では「シロアリ被害を受けた建物の約8割が全壊している」という恐ろしい結果もあります。

反対に、被害が軽微で済んだ建物の多くではシロアリの被害を受けていないということも分かりました。

地震大国の日本で「シロアリの対策」は、住まいや家族の安全を守る上でとても大切だといえます。

鉄骨でもシロアリの被害で家が壊れるの?

「鉄骨造だと木質はないからシロアリは関係ないのでは?」

 
と思うかも知れません。実際お客様からはそういったお声をよくいただきます。

しかし、現実はそう上手くはいきません。
そもそも「鉄骨」とは、どこが鉄になっているのでしょうか。

それは「主要構造部材」と呼ばれる部分、柱や梁といった「骨組みに関わってくる部材」です。

言い換えれば、それ以外の部分は木で作っても鉄骨です。例えば、「木軸床組」で建てられた家は鉄骨の上に「木の土台」を設置して造ります。


つまり、鉄骨の上は従来の木造建築となんら変わりない造りになっているのです。

これは、屋根の下地も、外壁(木軸下地)も、内装も同じです。

主要な部材が鉄骨というだけで、想像しているよりもはるかに多くの木材が鉄骨造には使われているということを知っておいて欲しいと思います。

もちろん、主要構造部材がシロアリの被害に遭う心配はなく、大きく強度が下がるリスクはありません。

しかし木材が使われている以上、シロアリの被害から逃れることはできないのです。

さいごに

今回は、「シロアリに家をやられた時に、家が倒壊してしまうのか?」というテーマでお話ししてきました。

シロアリに家をやられた時、木造ならば強度が下がりますので、万が一の震災などで倒壊してしまう危険があります。

シロアリ対策を定期的に行っていただくことをおすすめします。

ところで・・・

シロアリの対策を行う会社で働く私がいうのもなんですが、

シロアリの被害に遭っても大体の場合はそこまで困ることなんてありません。

確かに

床がフカフカするようになったり
お風呂場に黒い羽がバラバラと落ちていたり
気持ち悪い虫が家の中に大量発生したり

 
こういうことは無い方がいいですし、予防するに越したことはありません。

とはいえ、これらはどれもある程度のお金と時間さえあれば解決ができてしまうものです。

でも、どうにもならないものが1つだけあります。
人の命です。

多くの人は自分の家族を守るために働いています。

両親の
子供の
結婚相手の

家族のことを思い、自分の時間を割いて頑張って働いている。

なのにその肝心の家族が
ふとした瞬間、隣からいなくなってしまう。

そんな悲しいことは起きて欲しくないと思っています。


そしてそのリスクを下げる一助となるだけの力があることを、私をはじめシロアリ1番!のスタッフは深く自覚しています。

「ただのシロアリの業者が何を大げさなことを言ってるんだ!」

もしかしたらそう思われるかも知れません。実際確かにそうなのかも知れません。

ですが、今回ご紹介させていただいた「シロアリの被害に遭った建物ほど地震での倒壊のリスクが大きくなる」という事実を、私はシロアリ業者として重く受け止めています。

もちろん、シロアリ対策は「家族との幸せを守る」上での手段の1つでしかありません。


ですが手段の1つである以上、その役割を全力で果たしたい。

シロアリ1番!の点検・施工スタッフはこういった思いで働いていますし、私の拙い文章でそれを少しでも感じていただけると幸いです。

私たちは自分たちのことを「縁の下の力持ち」だと自負しています。

意味合いは異なりますが、ここまで長々とこの記事を読んでいただけたあなたに出会えたことも、何かの「縁」ではないかと私は思っています。

だからこそ、一方的ではありますがこのご縁は大切にしていきたいと考えています。

このホームページでは、シロアリに関するあらゆる情報を惜しみなく公開していますので、心ゆくまでご覧になっていただければと思います。

もしご質問があった時はどんなことでも構いませんので、オレンジ色(LINEなら緑色)のボタンからお気軽にご相談いただけると、とても嬉しいです。

ちなみにですが、こちらのページではシロアリについてより詳しく書かれています。

▼シロアリについてのより詳しい解説はこちら!
www.shiroari-ichiban.com/contents/column/shiroari/

 
「シロアリについてもっと詳しく知りたい!」と思っていただけたようでしたら、こちらもぜひ読んでみてくださいね。