シロアリは飼育のプロ!?「原生生物」の秘密に迫る|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2021.04.30 / 更新日 2021.09.18

シロアリ駆除

シロアリは飼育のプロ!?「原生生物」の秘密に迫る

ヤマトシロアリの兵蟻

WRITER

田中勇史

WRITER

田中 勇史

しろあり防除施工士

田中勇史

大学では昆虫類の研究に携わる。2007年テオリアハウスクリニックに新卒入社。これまで3000件を超える家屋の床下を調査。皇居内の施設や帝釈天といった重要文化財の蟻害調査も実施。大学の海外調査にも協力。

こんにちは。シロアリ1番!の田中です。

あなたは「共生」という言葉を聞いたことがありますか。

違う種類の生き物同士がお互いに助け合って生きるという意味なのですが

実はシロアリもある生き物と共生関係にあります。それは・・・「原生生物」と呼ばれる生き物たちです。

今回はシロアリと原生生物との関係についてお話しします。
シロアリ1番!が選ばれる理由

シロアリの体内で暮らす原生生物の正体

「原生生物とは何なのか」

これをお話しするためにはまず「真核生物・原核生物」に触れておく必要があります。

真核生物とは、体の細胞が「細胞壁」を持っている生き物のことを言います。原生生物は逆にそれ以外の生物、つまり細胞中に細胞壁を持たない生き物のことですが、有名どころとして、乳酸菌や大腸菌が挙げられます。

さて、原生生物は真核生物と原核生物、どちらに分類されるでしょうか。

答えは「真生生物」です。

動物や植物という括り以外にも真核生物は存在するのです。似たような仲間として

  • 真核藻
  • アメーバ
  • ゾウリムシ

 

といった原生動物が挙げられます。

シロアリと原生生物の関係


シロアリには食べ物である木を分解し栄養とするための特殊な機能が備わっています。

それは「腸内で原生生物を共生させること」

彼らの力を借りることでスムーズな栄養変換が可能となります。木の成分であるセルロースを分解し栄養とすることは普通の昆虫には到底真似できるものではありません。

それではどのように分解、栄養とするのでしょうか。

まずシロアリが摂取した木を腸まで運ぶところから始まります。シロアリの腸は

  • 後腸

 

と3つに分かれています。

シロアリが原生生物を住まわせているのは「後腸」。セルロースは後腸で最終的に酢酸、二酸化炭素、水素に変換され、この時できた酢酸がシロアリのエネルギー源となります。

ここからが面白いのですが・・・

シロアリは栄養となる酢酸を作ることはできても吸収することができません。

実はシロアリが栄養を吸収する器官は中腸にあります。つまり、後腸に到達した時点で吸収ができる中腸を通り越してしまっているのです。せっかく作った栄養もみすみす体外に出すしかありません。

ではシロアリはどうやって吸収してるのか。

それは他の仲間の排出物を食べること。これにより栄養を再び中腸に持って行き、晴れて体内に吸収することができます。

というなんとも不器用な生活をしていますよね。なかなかこんな生き方をしている生物はいません。とはいえシロアリは3億年もの間姿を変えずに生きてきた生き物です。これが逆に最も効率の良い方法なのかもしれませんね。

シロアリと原生生物の研究には将来性がある理由

シロアリと原生生物との関係?そんなの知ったところで何になるの?

そう思わないでください。

実は、シロアリと原生生物の関係は、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。現在の深刻な国際問題に「地球温暖化」があります。この問題を解決するのは「シロアリ」になるかも知れないのです。

温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減を実現するために必要な有力対策として、「植物バイオマス」が注目されました。

「トウモロコシからバイオエタノールの生成を行う」ということでニュースにもなりましたが、現在は「食料であるトウモロコシをエネルギーに変えるのはどうなの?」という問題に発展しました。

そういう経緯もありセルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産に切り替える動きが活発化しているのです。とはいえ、セルロースを分解することは先程も言いましたが並大抵のことではありません。

そこで注目され始めたのが「シロアリ」です。

セルロースを難なく分解してしまうシロアリと原生生物の分解メカニズムをどうにか応用できないかと、様々な研究がされるようになりました。この研究が進歩すればより素早く、より簡潔に燃料であるグルコースやバイオエタノールの生産が可能となります。

シロアリを利用したバイオエタノールの研究は2010年代より多くの研究者により取り組まれており、今後大きな将来性が期待されています。

まとめ

今回はシロアリと原生生物の関係についてご紹介してきました。

シロアリの研究はとても将来性がある分野です。私たちの生活がシロアリによって大きく変わる日がくるかも知れませんね。

シロアリは何億年も前から地球上にいる、とても奥が深い生き物です。

もし、「シロアリについてもっと詳しく知りたい」と思っていただけたようでしたら、こちらのページでも詳しく紹介していますのでぜひご覧ください!

シロアリ1番!は

▶︎シロアリ防除率99.73%
▶︎スタッフ全員が「しろあり防除施工士」
▶︎強引な販売営業ナシ
▶︎全ての業務を自社社員で運営

など、顧客満足度に特化したサービスを提供しています。

シロアリ1番!の作業スタッフは実力のあるメンバーばかりです。シロアリでお困りのようでしたらコチラでシロアリ1番!を詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

※シロアリ1番!ではシロアリについての専門的な知識も解説しています。シロアリのことをしっかりと勉強したい!という方はぜひ参考にしてみてください。

シロアリ1番!が選ばれる理由