羽アリは蚊取り線香では対処できない理由|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2020.06.26

住まいの知識

テーマ:

羽アリは蚊取り線香では対処できない理由

WRITER

上野山典之

WRITER

上野山 典之

蟻害・腐朽検査士

上野山典之

2015年新卒でテオリアハウスクリニックに入社。シロアリ防除工事に従事し、1000件を超える住宅メンテナンスに携わる。毒物劇物取扱責任者や第二種電気工事士など多数の資格を所有。

「羽アリに蚊取り線香は効果がありますか?毎年大量の羽アリが家の中に発生するので困っています。」

 

残念ながら羽アリに対して蚊取り線香は効果があるとはいえません。

このページを読んでいただくと

  • 羽アリは蚊取り線香では対処できない理由
  • 正しい羽アリの対処法

 

これらについて知ることができます。

蚊取り線香は「羽アリ」の駆除を想定していない

まずそもそも蚊取り線香は「蚊」を駆除したり寄せ付けないようにすることを想定して作られています。蚊よりも一回り大きな羽アリを駆除することは想定されていません。

確かに蚊取り線香の主成分である「ピレスロイド」は蚊以外にもハエ、ノミ、アリ、ゴキブリなどを駆除するのに有効な成分です。その証拠に殺虫スプレーの有効成分を調べると、大半が蚊取り線香と同じくピレスロイドと書かれています。

しかし殺虫スプレーと蚊取り線香では有効成分の「濃度」が異なります。蚊取り線香は蚊と比べて体の大きな虫の駆除には不向きです。

蚊取り線香と羽アリとではそもそも相性が悪い

羽アリが発生するパターンとしては

  • 家の中のどこかに発生源がありそこから発生している
  • 家の外から侵入してきている

 

のいずれかです。しかしいずれの状況においても蚊取り線香との相性はいいとは言えません。それぞれの状況について考えていきましょう。

家の中のどこかに発生源がありそこから発生している

家の中のどこかで羽アリが発生しているときには

  • シロアリが床下から発生している
  • カンザイシロアリ(外来種のシロアリ)が家中の木材から発生している
  • クロアリが床下から発生している
  • 羽アリによく似た「キノコバエ」が観葉植物などから発生している

 

といった状況が考えられます。いずれの場合においても言えるのはそもそもの発生源に対する対処を行なわない限りは根本的な解決を行うことができないということです。確かに羽アリにも効果のある有効成分を含んでいる以上、全く効果がないとはいい切れませんが、所詮はその場しのぎでしかないため、おすすめはできません。

家の外から侵入してきている

家の外から侵入してくる羽アリは、クロアリの羽アリが蛍光灯などの光に寄せられて家の中に入ってきているという状況が考えられます。クロアリの羽アリは春~秋にかけて様々なタイミングで発生し、いずれも一度に大量に発生する傾向にあります。

蚊取り線香の有効成分のピレスロイドは虫を直接殺すだけでなく、虫が嫌がり寄ってこないようにする性質(忌避性)を持っていることは確かです。しかし自然界には無数に存在する羽アリに対して蚊に対してほどの効果を見込めない蚊取り線香では家の中に入れないようにすることは難しくおすすめできません。

蚊取り線香の代わりとなる羽アリ対策

蚊取り線香の代わりとなる羽アリ対策としては

  • 掃除機で吸い取る
  • 窓をなるべく開けないようにする
  • 発生源を取り除く
  • 殺虫スプレーを使う

 

などが挙げられます。

掃除機で吸い取る

羽アリはどのみちその大半がすぐに死んでしまう運命にあります。掃除機で吸い取ってあげればその風圧で死んでしまいます。蚊取り線香を使う方の中にはもしかすると「一旦死ぬのを待ってから対処しよう」と考えておられる方もいるかも知れませんが、速やかに掃除機を使ってしまっても問題ありません。

窓をなるべく開けないようにする

基本ではありますがやはり「そもそも家の中に入れないようにする」のが効果的です。

網戸を使う場合に関しても、もし網戸をすり抜けて家の中に入ってきてしまうようであれば、より網の目の細かい網戸に交換するのも対処法の1つです。しかし先程もご紹介したように中には「家の中」で発生する羽アリも存在します。もし家の中で発生しているようであれば一度業者に相談してみることをおすすめします。

発生源を取り除く

まずは羽アリがどこから発生しているのか注意深く観察してみましょう。羽アリではありませんがキノコバエのように観葉植物の土から発生している場合は、すでに複数の卵が産み付けられていることが想定されますので、ホームセンターで新しく土を購入してまるごと取り替えてしまうことをおすすめします。

また、浴室や玄関のドア枠や框などから羽アリが発生している場合は「シロアリ」である可能性が高くなります。特別な対処が必要になりますので、業者に相談するようにしましょう。

殺虫スプレーを使う

家の外から入ってくる羽アリは殺虫スプレーを使うことで簡単に駆除をおこなうことができます。しかし、「家の中で発生している羽アリ」に関しては殺虫スプレーを使ってしまうとかえって状況が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。詳しくは下記のリンクでも紹介していますので興味のある方は参考にしてください。

「蚊取り線香で羽アリを」という発想に潜む罠

ここまで蚊取り線香で羽アリの対策を行うことが難しい理由や代わりとなる対処法についてご紹介してきましたが、もっとも気をつけるべきなのはその羽アリは一過性のものなのかという点です。

「蚊取り線香を使ってなんとかしよう」と考えている人の多くは、「目の前の羽アリさえ何とかなれば問題は解決する」と考えているのではないかと思います。

実際にそれが外から入ってくるクロアリであればそれで問題ありませんが、羽アリが「家の中で発生したシロアリ」だった場合には目の前の羽アリに対する対策だけで終わらせてしまうのは建物にとって非常に危険です。

シロアリ1番!では家の中で発生した羽アリに対して、建物に影響を及ぼす種類かどうかを確かめるための調査を床下のシロアリ点検と併せて無料で実施しています。

もし「羽アリがでてきたので不安なので一度専門家に見てほしい」という方はお気軽にご相談ください!