羽アリが台所から出てきた・・・原因や対処法をご紹介|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2021.06.24

シロアリ駆除

テーマ:

羽アリが台所から出てきた・・・原因や対処法をご紹介

室内で発生する羽アリ

WRITER

田中勇史

WRITER

田中 勇史

しろあり防除施工士

田中勇史

大学で昆虫類、特にニホンミツバチ・スズメバチに関する研究に携わる。2007年テオリアハウスクリニックに新卒入社。シロアリにとどまらずハチやアリ、害虫全般の駆除・調査に従事。

「羽アリが台所に出てきました・・・何が原因なのでしょうか。何かした方がいのでしょうか・・・」

 
こんにちは。シロアリ1番!の田中です。

今回はこのような疑問にお答えします。このページを読んでいただけると

  • 台所に発生した羽アリの正体
  • 羽アリが台所に発生する原因
  • 羽アリが台所に発生した時の対処法

 
これらのことがわかります。

シロアリ1番!が選ばれる理由

台所に発生した羽アリの正体

「台所から羽アリが出てきた!」という報告は毎年多く寄せられます。

羽アリといっても実際にお伺いしてみると

  • シロアリの羽アリ
  • クロアリの羽アリ
  • コバエ
  • アブラムシの有翅虫

 
など、発生している虫の正体は様々なケースがあります。

ですが、最も多く寄せられて、なおかつ最も注意しなければならないのは何と言っても「シロアリの羽アリ」です。なぜかというとシロアリはこの中でも唯一「家を食べる」虫だからです。

もし発生している羽アリがシロアリであった場合、一般の方ではどうにもならないケースが大半ですので、「シロアリかな?」と思った時はまず専門家に相談するようにしましょう。

シロアリかどうかを見分ける簡単な方法をご紹介します。

  • くびれのない寸胴型の体形
  • 体色は黒色
  • 首辺りに黄色いライン
  • 体よりも長い翅が4枚ある
  • 翅はすりガラスのように曇っている

 
以上がシロアリの変わりやすい特徴になります。

また、シロアリの翅は体にずっとくっついているものではなく、すぐに体から切り離されます。ですので虫自体がいなくても翅だけ落ちていることも多いです。

他の昆虫では翅だけがバラバラ落ちていることはありませんので、これもシロアリかどうかを見分けるわかりやすいポイントとなります。

羽アリが台所に発生する原因


羽アリが出るということは既にどこかに大きな被害が出ていることを意味し、多くの場合それは羽アリ発生場所の近くで見つけることができます。

また、大元を辿れば建物そのものにも台所の周辺で何かしらの不具合が起きていることも考えられます。

例えば「床下での水漏れ」です。水漏れが起きると周辺は濡れてしまいますが、土壌が濡れていればそれだけでシロアリは活発に活動できるようになります。

実際に「台所から羽アリが出てきたのでみて欲しい」ということで点検にお伺いした物件でも、台所下の土台が水漏れで腐っていたり、床下がびしょびしょになっているのを見かけたことが何回もあります。

羽アリ自体が出てくるのは台所の床下である場合もあれば壁の内部である場合もあります。とはいえ、いずれの場所から出てきたにしてもその奥には「シロアリの被害」が潜んでいるということを忘れないようにしましましょう。

また、羽アリは羽アリ脱出孔(羽アリを外に出すための穴)という穴を使って外に出ていきます。ですので、まずは羽アリ脱出孔を見つけることも大切です。台所の柱や壁、巾木などを注意深く観察してみましょう。

もしスリット状もしくは丸形の穴が開いていたり、その穴から土が出てきていたり、触るとベコベコする、パリッと割れる、などの症状があれば要注意です。それはシロアリである可能性が高いです。

羽アリが台所に発生した時の対処法


羽アリが発生した場合、覚えておいていただきたいのは「出ている羽アリが巣の本体ではない」ということです。

羽アリは次世代の子孫を残すための新しい女王アリと王アリであって本体の巣からは離れようとしている存在です。

そのため、よくやりがちな羽アリが出たから殺虫剤で殺して穴も見つけたから注入したという行為。これは行動としてはやりたい気持ちは分かりますが適切な処置とは言えません。

どういう事かと言うと巣の本体ではない場所に殺虫剤が入ると周辺にいたシロアリは即座に警報フェロモンを出し仲間に危険を知らせます。

すると被害を出していた場所からもここは危険だということで逃げ出すもしくは移動をしてしまうことが多いです。

これが建物の外に逃げてもう二度と戻ってきませんということならまだいいかもしれませんが、なかなかそうはいきません。どこに逃げるかというとまだ被害を出していない別の場所ということになります。

そうなるとどうでしょうか?殺虫剤を処理する前は一か所の被害であったものが新たに被害箇所を増やしてしまっています。
そうならないためにも羽アリが発生した際は物理的に排除しましょう。掃除機で吸う、テープで捕獲するなどが望ましいです。

羽アリの突出は一時的なもので大概はその日のうちに収束します。ですが、これで安心ではありません。

羽アリが出なくなっても本体はそのまま残っていますのでその後の適切な処置が必ず必要となることを覚えておきましょう。

まずはシロアリ1番!にご相談ください


今回は台所に羽アリが出てきたときの原因や対処法をご紹介してきました。

シロアリに対して適切な処置を施すためにはプロの手が必要です。

シロアリ1番!では、床下の無料点検を実施しています。点検では建物の外回りや羽アリが出てきた場所などをプロが詳しく調べて回るので、放置しても大丈夫なのか、床下で何か不具合が起きているのか、正確に知ることができます。

もし無料調査に興味を持っていただけたようでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

シロアリ1番!の無料調査についての詳細はこちら
シロアリ1番!のプラン・料金

シロアリ1番1調査申込み