クロルフェナピルを主成分とするシロアリ薬剤、アリ類にも効果があるか検証してみた|シロアリ1番!

COLUMN

シロアリコラム

投稿日 2022.02.07

シロアリ駆除

クロルフェナピルを主成分とするシロアリ薬剤、アリ類にも効果があるか検証してみた

WRITER

田中勇史

WRITER

田中 勇史

しろあり防除施工士

田中勇史

大学では昆虫類の研究に携わる。2007年テオリアハウスクリニックに新卒入社。これまで3000件を超える家屋の床下を調査。皇居内の施設や帝釈天といった重要文化財の蟻害調査も実施。大学の海外調査にも協力。

こんにちは。シロアリ1番!の田中です。

今回は「クロルフェナピル」という成分を用いたシロアリ薬剤について、シロアリ以外のアリ類に使用した際の効果について検証していきます。

「シロアリの薬剤をシロアリ以外の生き物に使うの?」と思われるかもですが、こういった検証から意外と新たな着想が生まれたりもします。

実際今回もこの実験を通して色々な気づきがありました。

一緒に見ていきましょう!

クロルフェナピルってどんな薬剤?

まずはざっとクロルフェナピルがどんな薬剤なのかお話ししていきます。

クロルフェナピルは「フェニルピロール系化合物」に分類されます。

クロルフェナピルの大きな特徴はシロアリに対する「作用のアプローチ」です。

多くのシロアリ薬剤は神経に作用して効果を出すタイプのものです。それに対してクロルフェナピルは、エネルギーの生成をできなくしてしまうという効果を持っています。

具体的には、ミトコンドリアにおける酸化的リン酸化の阻害・・・なのですが、ちょっと難しい表現に感じてしまうかも知れませんね。

簡単に言うと「徐々に体力が削られて最終的に衰弱死する効果」といったところでしょうか。

人も疲れた時、眠ったり休んだりすれば体力は回復して、また元通り元気に動けるようになりますよね。この薬剤は、その体力回復をできなくしてしまおうというものになります。

そのため、一般的に遅効性薬剤と言われているネオニコチノイド系薬剤よりも更に時間がかかると言われています。

一応クロルフェナピル自体はハダニなどの駆除を目的として農薬にも利用されていますが、果たしてシロアリ薬剤はアリ類に対してどれほど効果があるのでしょうか?

さっそく、見ていくことにしましょう。

薬剤に対してアリがとった驚きの反応

前回のシロアリ薬剤試験と同様にケース中央に薬剤層を設けます。

薬剤を設置し終えたら、片側にアリを放ちます。

その後、アリが薬剤に触れた際の効果を観察していきます。

まず最初に驚いたのは、薬剤処理層に対するアリ類の反応です。

忌避効果のない薬剤であることから薬剤層上をためらうことなく通過することは容易に想像が付きましたが、他の生き物では見られない行動が観察されたのです。

それは、薬剤を飲む姿。


まるで普通の水を飲むかのように薬剤を飲んでいます。

いくら忌避効果がないとはいえ、これほど薬剤を自然に受け入れるとは思いもしませんでした。

このことから見ても、クロルフェナピルは虫から非常に気付かれにくい薬剤であることが分かりますね。

薬剤をたっぷりと飲んだアリは、お腹が膨れて歩きづらそうではありますが、処理直後には特に体への変化はない様子です。

徐々に効果が現れ始める・・・


効果が現れ始めたのは、処理からおよそ3時間半後。

最初に説明した通り、徐々に体力が奪われていく感じで変に足を引きずるような動きを見せるアリが見られるようになりました。

ですが、まだ動くことは可能で歩き回っていますね。

実際、移動に支障が出るほどの効果が現れるまでにはどれ位を要したのでしょうか?

今回の実験では、最大効果(動けなくなる)が現れるまでにおおよそ6時間ほどかかりました。

クロルフェナピルはアリに効果が見込める?

この小さなケース内でここまで発動に時間がかかるのですから、実際の現場においてはもっと長い時間(数日)を要するでしょう。

そのことは、アリ類を駆除する上で好都合です。

というのも、アリ類は仲間に口移しで餌を分け与えることで知られています。

薬剤の効果が発動するまでに時間が必要ということは、それだけ巣の奥深くまで薬剤が届きやすくなり、巣の中心にいる女王アリにダメージを与えやすくなることで、巣ごと駆除を行うことが可能であると思われます。

アリ類は、巣の中心にいる女王アリを駆除しない限り、巣は存続し再び被害を出しますので、その点ではこの薬剤のアリ類に対する効果は高いと言えますね。

今回の実験を通し、もしシロアリと一緒に床下でアリ類が発生している場合、クロルフェナピルを主成分とする薬剤で処理を施すことで、一緒に対策が取れてしまう可能性はあるという結論に至りました。

さいごに

今回は、以前より言われていたアリ類にも高い効果が認められるというクロルフェナピルが主成分の薬剤効果を見てみました。

一般にはなかなか検証されないようなことを実際にやってみることで、見えてくるものも多くあります。

弊社では様々な検証試験を通して、シロアリ駆除の新たな可能性を追求しております。

次回もお楽しみに。

それではまた。